女性に多い側弯症(そくわんしょう)とは??

骨盤や背骨のゆがみを表した女性

三国しんのう整骨院では骨盤矯正をメインに治療をするのですが、最初に患者さまと一緒に鏡でどれだけ骨盤がゆがんでいるのかチェックします。

そのときに気になるのが、左肩より右肩が下がっている患者さまが多く見られます。

特に女性に多いなぁという印象を受けるのですが、証明写真などを撮るときになんとなく

『こっちの肩の位置が下がってるなぁ…。』

という風に感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

骨盤のゆがみが原因でなることも多いですが、ひょっとしたらそれは側弯症(そくわんしょう)と呼ばれるものかもしれません。

今回は側弯症がどのようなものなのか説明していきますね!

側弯症は小学生のときにわかる?

側弯症の検査

小学校や中学校のときに健康診断で側弯症の検査をされた方もいらっしゃると思います。

側弯症になっている基準としては・・・。

 

①両肩の高さが左右で違う

②両肩甲骨の左右の高さが違う

③左右のウエストのラインが均等ではない

④前かがみになっているときに左右の肋骨の高さが違う

 

などでわかるのですが、側弯症とはこのような背骨が曲がってしまった状態をいいます。

側弯症の治療をしないまま放置しておくと、腰背部の痛みや心臓や肺が圧迫され、心肺機能の低下などにつながってしまいます。

次は側弯症のCobb(コブ)角についてです。

側弯症のCobb(コブ)角とは?

コブ角について

Cobb(コブ)角についてお話していきたいと思います。

ほとんどの方が『えっ、なにそれ?』となるでしょう。

これは側弯の程度をあらわすもので、後ろからレントゲン写真を撮って上の図のちょうど交わる角度によって、側弯症の程度がわかるというものです。

コブ角 10~25°は様子見

コブ角 25~40°は側弯症用の特殊な装具をつけて生活をしなければいけない

コブ角 40~50°は手術をしないと治らない

上の図のコブ角は58°くらいなので手術をしないと、どんどん進行していく恐れがあります。

次は側弯症の種類についてお話していきますね!

側弯症の種類とは?

側弯症で悩んでいる女の人

基本的に子供の成長期に背骨が左右に曲がり始めるのですが、主に

機能性側弯症構築性側弯症

の2つに分けられます。

機能性側弯症は日常生活の中で、姿勢の悪さや交通事故などでのダメージ、腰のヘルニアや骨盤のゆがみが原因で起こるとされています。

もう1つの構築性側弯は小中学生に多いとされていて、成長と共に発見されることが多いです。

原因不明な側弯症を特発性側弯症ともいうのですが、こちらの場合は自然に治ることがなく、放置しておくとどんどん進行していく恐れがあります。

早めに発見することが症状を食い止めることにつながりますので、お子さんと一緒にお風呂に入るときなどに見てあげて、何かおかしいなと感じたら整形外科で診断を受けてくださいね!

側弯症を進行させる生活習慣

側弯症を進行させる姿勢

原因のわからない特発性側弯症(構築性側弯症)は、残念ながら進行を防ぐことはできません。

しかし普段の生活習慣の悪さからくる、機能性側弯症は上の図のようなことをすると、背骨が曲がってきやすくなります。

・足を組む

・横向きになってテレビを見る

・左右どちらかに偏った座り方をする

など思い当たる姿勢が多いのではないでしょうか?

これをしてはいけないとわかっていても、ついついしてしまうことってありますよね。

してしまうのは正直しょうがないのですが、やりっぱなしになってしまうと、そのまま治ることはなく余計にひどくなってしまう一方です。

次は機能性側弯症のケアについて説明していきますので、側弯症が進行しないためにぜひ取り組んでいってくださいね!

機能性側弯症のストレッチ

側弯症予防のストレッチをしている女性

このストレッチを見たことがある方が多いんじゃないでしょうか?

腰痛にも効くんですが実はこのストレッチは、背骨に刺激を与えてくれるストレッチでもあるんです!

 

①やわらかい布団やマットの上に上向きで寝ます。

②両膝を90°くらい曲げます。

③右足を組んでそのまま右に倒していき、右脚を組んだまま左にも倒していきます。

④左側も同じように行ってください。

※だいたい20回1セットを3回ほど行ってください。

急激に早くやると背骨に負担がかかるので、ゆっくり行うことで背骨に適度な刺激が加わります。

このストレッチを行うことで機能性側弯症が、改善しやすくなってきます!

側弯症のまとめ

構築性側弯症の中でも多い特発性側弯症は、小学校高学年から中学校にかけて出やすい症状です。

学校の検査で側弯症と診断されたら必ず、整形外科に行くことをお勧めします。

生活習慣でなってしまう機能性側弯症は、普段の姿勢などが原因で起こりやすくなってしまうので、姿勢の改善をしていく必要があります。

姿勢を直すことと先ほどもお伝えしたストレッチを行うことで、側弯症が改善されやすくなってきます。

それでも進行していく場合は必ず医師に相談してみてくださいね!

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

 

執筆担当:三尾昭文
所持資格:柔道整復師 鍼灸師 サプリメントアドバイザー


柔道を中学・高校・大学と経験。昔から親しい道場の先生が整骨院を経営しており、ケガをする度に治療をして頂いていたのがきっかけで治療業界を志すようになる。

ネット予約
LINE登録3つのお得紹介
託児ルーム完備!
 住所 
〒532-0006
大阪市淀川区西三国3-17-2
 アクセス 
阪急宝塚線 三国駅北出口から三国商店街へ徒歩5分
 TEL/FAX 

もう大丈夫!私たちにおまかせください

06-6350-0077

受付時間
9: 00 ~ 12:30
15: 00 ~ 20:00

Googleマップ


大きな地図で見る
〒532-0006 大阪府大阪市淀川区西三国3丁目17-2
◆阪急宝塚線 三国駅東出口からサンティフル三国商店街へ徒歩5分