×
×
×
               

肩こりが良くなり体重も減りました!!

6回目の骨盤矯正で肩の痛みや体重が減りました!

6回ほどの治療で症状が改善されていくまでの過程

大阪市淀川区にお住まいのK.S様

お住まいの地域 大阪市淀川区
お仕事 主婦
お悩みの症状 肩こり・体重の増加

H30年3月頃にお子様を帝王切開でお産みになられました。

当院にはホームページを見てお越しくださり、元々肩こりがあったのですが、産後からお子様の抱っこの繰り返しで更に肩こりがきつくなったとのこと。

また妊娠中に体重が+12Kgまで増加し、そこから-10Kgほど戻ったのですが、あと2Kgだけどうしても減らないというのが悩みとおっしゃられました。

さまざまな悩みをお聞きし、ここからお話を聞いていくことに。

初回カウンセリングの様子

≪担当≫

Y.Tさん本日はご来院いただきありがとうございます!
担当いたします、三尾と申します。
この度はご出産おめでとうございます!
産後の骨盤矯正をご希望とのことですが、今回はどういった症状でお悩みですか?

≪Y.Tさん≫

妊娠する前から肩こりはあったのですが、抱っこを繰り返していたら、肩こりがさらにひどくなりました。

それに妊娠中に12Kg増えて、そこから10Kg戻りましたがあと2Kgがどうしても減らないんです。

≪担当≫

抱っこの繰り返しによって全身の筋肉が硬くなって、全身の痛みにつながることはよくあることなんです。

ただ普段からの姿勢であったり、元々骨盤や背骨がゆがむことによって、知らず知らずのうちに体のダメージがたまっていたのかもしれませんね。

あとは育児のストレスによって甘いものなどを食べてしまうと、体重が減りにくくなります。

当院の骨盤矯正を受けていただくことで体が正常になって、基礎代謝能力が格段に上がるので、そこで食事量などをおさえていただくと必ずいい結果につながります。

わかりました!なるべく早めに症状を改善していきますので、ベットに座っていただいてもいいですか?

検査の結果

Y.Tさんが悩まれていた肩こりと体重増加の原因は・・・。

・元々骨盤がゆがんでいたことによる体のバランスの崩れ

・背骨の前傾による肩背部への負荷

・帝王切開による骨盤の開き

・間食などによるカロリーの増大

以上が今回の症状の原因だと推測。

座っていただいた時に横から見て、背骨自体が丸まっていたのと、肩が前に出過ぎていたことによって肩部の負荷が大きくなっていました。

また産後関係なくほとんどの方が土台となる骨盤がゆがんでいるので、背骨自体もゆがみやすくなってしまいます。

特に帝王切開は赤ちゃんが産道を通っていないので、脳が産んだと認識せず本来自然と閉まっていく骨盤が、閉まることなく不安定になりやすいです。

筋肉だけでなく骨格自体も良くしないと、体全体が良くならないことをお伝えし、治療に入っていくことにしました。

初回の治療

骨盤のゆがみを確認したところ、左右の骨盤の高さが約4cmと大きくズレていました。

またその状態+骨盤が開きっぱなしなので全身の筋肉が勝手に体を安定させようとするので、より全身の筋肉が硬くなってしまいます。

硬くなると血液循環が悪くなるので、間違いなくやせにくくなります。

そのことを踏まえて1回の治療で骨盤のゆがみをなくし、同時に背骨をまっすぐにしていくストレッチを加え、次回は2日後に予約を取っていただくようにしました。

2回目の治療(初診から2日後)

前回あった骨盤のゆがみはほぼ整っていました。

肩こりの具合もお聞きするとかなりつらかった肩こりが、かなり軽減されたとのことでした。

やはり筋肉の緊張だけでなく姿勢も原因があったので、これからは姿勢を正していただくよう指導させていただきました。

次回から1週間ほど間隔をあけて予約を取っていただきました。

3回目の治療(初診から7日後)

体重などをお聞きしましたがあれだけ減らなかった体重が、なんと1Kg落ちていたというご報告を受けました。

食事などにも気をつけていたということでした!

骨盤は整ってきたのですが、患者さま自身は骨盤が良くなってきたら、今度は猫背が気になってきたということだったので、再び猫背改善ストレッチを加え治療していくことに。

次回も1週間後にお越しいただけるとのことでした。

4回目の治療(初診から21日後)

前回-1Kgnの減量に成功しましたが、今週も-1Kgの減量(全体で-2Kg)に成功したとのことです。

前回同様今回も猫背が気になるということだったので、再度猫背姿勢矯正を行い、背骨だけでなく筋肉自体もアプローチしていくことにしました。

次回も1週間後にご予約をお取りになられました。

5回目の治療(初診から30日後)

肩こりが気になるのと今回から左の膝の痛みが出てきたとのことでした。

抱っこであぐらから立ち上がるときに痛みが出ていたので、スクワットを繰り返している状態で疲労が溜まっていると判断。

膝に関連している筋肉の調整と、坐骨神経痛の影響で膝の痛みが出ている場合もあるので、坐骨神経痛に関係のある臀筋の調整を行い様子を見ていただくことにしました。

6回目の治療(初診より39日目)

≪担当≫
『Y.Tさん今回で6回目の治療になりますが、肩や膝の痛みはどうですか?』

≪K.Sさん≫

『肩こりは抱っこをしているのでまだありますが、初回の頃よりかなり良くなり、膝の痛みは前回治療をしていただいてから完璧になくなりました!』

『あと体重も少しずつ落ちてきています。』

というお言葉をいただきましたが、産後は体のダメージが大きい分まだ治りきっていないので、これからもしっかりと調整することで良くなることをお伝えし、次回も1週間後に予約を取っていただきました。

治療方法

骨盤矯正
小尻矯正
ウエスト矯正
姿勢矯正ストレッチ
棘下筋調整
小円筋調整
臀筋調整
腸骨筋調整
腰方形筋調整
大胸筋調整
腓骨筋調整

まとめ

産後によくある悩みが体型の変化なのですが、最初はそうでも時間が経つにつれ、徐々に痛みが出てくることもあります。

人間普通に生活しているだけでも痛みが出るのに、産後の疲労が溜まった状態でお子様を抱っこするから、また痛みが出やすくなります。

今しっかりと治しておけば将来的に必ず痛みの出にくい体になりますので、これからもしっかり治していきますね!

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

三尾昭文

患者さまの声

産前から悩んでいた肩こりが

初回施術後から改善し、現在も

効果を実感しています。三尾さんの

治療痛気持ちいい感じで良いです!

LINE登録3つのお得紹介
返金保障制度

受付時間
9: 00 ~ 12:30
15: 00 ~ 20:00

電話予約の流れ