×
×
×

Blog記事一覧 > 健康ブログの記事一覧

 

朝や、午前中に眠たくならないための朝食は?

前回、朝にパンなどの炭水化物や糖質を摂り過ぎると、眠気が起き眠くなる事をお伝えしました。(前回のブログ「パンを食べると眠たくなる」)

今回は眠たくならず、しかも元気に朝を過ごすための食事について、お伝えいたします。私がお勧めするのはズバリ「果物」です。

果物って甘くて糖質が一杯だから、ダメじゃない?と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

実は糖質には幾つも種類があって、果物の糖質は「果糖」と言って、他の糖質と比べて、消化吸収が緩やかで、血糖値が穏やかに上昇するので、体の負担が少ないんです。

しかも、果物自体が他の食材のお肉や穀物、野菜に比べて、とても消化しやすい性質なので、胃腸に負担をかけません。目覚めたての内臓には特に優しい食べ物なんです。

果物の栄養素

ただ果物ならなんでも良いわけではなく、ビタミンとミネラル、酵素、補酵素などの栄養素が多く含まれる果物を摂ることが大切です。

栄養素とは一般的に糖質、脂質、タンパク質、ビタミン、ミネラルの5種類を指しますが、この中でもビタミンとミネラルを多く含まれる種類の果物をとる事が大切です。更に酵素、補酵素も含まれる果物を摂ると更に良いでしょう。

  • ビタミンB1 細胞の代謝を促す。
  • ビタミンC 細胞の酸化を防ぎ、お肌の健康維持を役立つ。
  • カリウム 心臓や筋肉の動きや、血中のナトリウムを排泄し、血圧を下げたり、むくみを防いでくれる。
  • 酵素 酵素には様々な種類があり、胃腸を整えてくれたり、腸内の中の有害な物質を分解してくれる働きがあるものもあります。

果物の種類によっては、甘くて美味しいんだけで、糖質と水分と食物繊維ばかりで、ビタミンやミネラルの少ない果物もあります。そう言うものはあまり良くないで避けて下さい。

おすすめの果物

私がお勧めする果物は、下に書いた南国系の果物です。

  • パイナップル
  • キューイフルーツ
  • アボカド
  • バナナ
  • パパイア
  • グレープフルーツ
  • マンゴーなど

特にパイナップルとキューイフルーツとアボカドは、ビタミンCをはじめビタミンB1や酵素、補酵素を多く含むのでお勧め!

特にパイナップルは安い上に栄養価も高く、毎日でも食べて頂きたい果物です!

ちなみに私はほぼ毎朝、丸ごと買ってきたパイナップルを4分の1カットして食べたり、バナナやキューイフルーツといっしょにミックスジュースにして飲んでいます。他はほとんど食べません。

私はこの朝食を継続しているお陰で、寝不足の日を省いて、ほぼ朝は通勤中で眠たくなった事はありません。

朝食を果物にすると集中力が持続する?

パンや糖質の食事は血糖値が急激に上がる分、満腹感を直ぐに得られますが、直ぐにお腹がすきます。その点、果物の朝食は血糖値が上がりにくいので、満腹感を感じにくいのですが、慣れてくると血糖値が穏やかに上がる分、逆にお腹がすくことが少なくなります。

更に満腹感は集中力の妨げになりやすいと言われていますが、満腹感が少ない分、集中力も持続しやすくなります。

ただ果物も、食べ過ぎは逆に内臓脂肪の増加につながると言われているので、くれぐれも食べ過ぎには注意しましょうね。

 

執筆担当 神農詠至

 

パンを食べると朝、眠たくなる?

【パンを食べると朝、眠たくなる?】

今回のテーマは「朝の眠気」です。

昨日の晩は良く寝たし、仕事も普通ぐらいでそんなに疲れているわけでもないのに、朝通勤中や、午前中、眠たくて仕方のない方って結構いますよね。 (さらに…)

 

左右の肩の高さが違う理由とは?

鏡や証明写真、または集合写真を撮ったあとに

『肩の左右の高さがなんか違う・・・。』

なんて思ったことはありませんか?

まぁ痛くもないし大丈夫か・・・。

と思われているとひょっとしたら大変なことになるかも知れません。

今回はなぜ肩の高さが違って見えるのかについて説明していきますね!

(さらに…)

 

産後に体重が落ちにくくなるのはなぜ?

産後太りに悩む女性

芸能人の方の出産が増えていますが、産後でもすぐに体型が戻っていることが多いですよね?

なぜ芸能人の方はすぐにスリムな体型に戻るのでしょうか?

ほとんどの方は産後の骨盤矯正をすることで、体のバランスを整えてやせやすい体を作りますが、産後の骨盤矯正をしていただくだけでは不充分なことが多いんです。

今回は産後の体重が落ちにくいメカニズムを説明させていただきます!

(さらに…)

 

産後に膝の痛みが出る原因について 淀川区 三国 

 

 

当院での産後のお母さま方に多い症状は腰痛なのですが、膝の痛みに悩んでいらっしゃる方も多いです。

骨盤のゆがみ自体はすぐに治るのですが、膝の痛みはなかなか治らないことが多く、日常生活のなかでかなり支障が出てきます。

湿布を貼っても痛みが続くし、湿布を貼って母乳に影響が出たらどうしよう?と心配される方も多いです。

 

今回は前は膝の痛みなんてなかったのに、産後に膝の痛みが出だしたのか?

膝の痛みが出る原因について説明していきたいと思います!

(さらに…)

 

女性に多い側弯症(そくわんしょう)とは??

骨盤や背骨のゆがみを表した女性

三国しんのう整骨院では骨盤矯正をメインに治療をするのですが、最初に患者さまと一緒に鏡でどれだけ骨盤がゆがんでいるのかチェックします。

そのときに気になるのが、左肩より右肩が下がっている患者さまが多く見られます。

特に女性に多いなぁという印象を受けるのですが、証明写真などを撮るときになんとなく

『こっちの肩の位置が下がってるなぁ…。』

という風に感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

骨盤のゆがみが原因でなることも多いですが、ひょっとしたらそれは側弯症(そくわんしょう)と呼ばれるものかもしれません。

今回は側弯症がどのようなものなのか説明していきますね!
(さらに…)

 

反り腰(そりごし)からくる腰痛とは??

 

赤ちゃんを抱っこして腰が痛い

三国しんのう整骨院では、産後の骨盤矯正に力を入れているため、毎日多くの産後のお母さま方が来院されます。

産後の症状としてのお悩みとしては

やせにくい、あと体重が4Kg戻らない、下腹が引っこまない・・・

というお声をいただくのですが、その中で最も多い症状が

『産後の腰痛』

なんですね。

今まで腰痛なんか感じたことがないのに、産後から腰の痛みがひどいんです・・・。

というご相談が多いんですが、約8割のお母さん方が悩まれているんじゃないでしょうか?

それではなぜ産後に腰痛が起きやすいか一緒に勉強していきましょう!
(さらに…)

 

水を飲む効果と大切さについて

 

毎日暑い日が続きますが、皆様お体の調子は大丈夫でしょうか?
暑いと体内の水分やミネラルが奪われて熱中症になることにつながります。
三国しんのう整骨院では、単純ですが水分を積極的にこまめに摂ることをお勧めしています。

さらに、水を摂ることは熱中症にならない他にもとっても重要な意味を持っています。
人間の体の6割以上は水分からできています。とっても多いですよね。言い換えると人間には沢山の水分が必要ということです。
今回は水を飲む大切さについてお伝えできたらと思っています。

(さらに…)

 

なぜ産後は腰痛が出やすいの?

 

三国しんのう整骨院では、産後の骨盤矯正に力を入れているため、毎日多くの産後のお母さん方が来院されます。

産後の症状としてのお悩みとしては

やせにくい、あと体重が4Kg戻らない、下腹が引っこまない・・・

というお声をいただくのですが、その中で最も多い症状が

『産後の腰痛』

なんですね。

今まで腰痛なんか感じたことがないのに、産後から腰の痛みがひどいんです・・・。

というご相談が多いんですが、約8割のお母さん方が悩まれているんじゃないでしょうか?

それではなぜ産後に腰痛が起きやすいか一緒に勉強していきましょう!
(さらに…)

 

妊娠中のマタニティブルーってなに?

当院では妊娠中から産後のお母さん方の治療に力を入れていますが、今回は妊娠中の『マタニティブルー』について説明します。

『マタニティブルー』という言葉を聞いて、だいたいの方が想像がつくと思いますが、妊娠中の精神が不安定な状態のことです。

一応マタニティとついているから妊娠中だけと思いきや、産後にもそのような状態が起こります。

つわりがきつい時期などに多いんじゃないでしょうか?

『こんなきつい状態がいつまで続くんだろう?』

ってなると憂鬱な気分になってしまいます。

基本的には10~2週間程度で症状がおさまることがほとんどのようですね。

でも自分がマタニティブルーになってるって気付く方って、いないと思います。

一時的に泣きやすくなってしまったり、ヒステリックになってしまう、その症状の重さなどはさまざまです。

(さらに…)